FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

三代能の会 拾遺

能三番、狂言一番の鑑賞記を書きましたが、この日はそのほかにも連吟や独吟、仕舞など盛り沢山の会でした。
口開けは高梨良一さんをはじめとする皆さんの連吟で高砂。「四海波静にて」と目出度い会にふさわしい清々しい謡でした。続いて女性の方々による猩々の連吟。なかなかに凛々しい謡。

鷺の後、宝生の近藤乾之助さんが養老の独吟をされましたが、風格のある宝生らしい謡でした。かねて祥六さんと乾之助さんは親しくされているようで、ご一緒に会をされることも少なくないですね。ちょっと風貌も似てらっしゃるようですが・・・

狂言の後は仕舞が四番。山科彌右衛門さんの田村キリ、梅若吉之丞さんの井筒、観世喜之さんの鵜之段、野村四郎さんの鞍馬天狗です。仕舞は卒都婆小町を挟んでさらに四番。観世銕之丞さんの老松。梅若六郎さんの駒之段、谷村一太郎さんの玉鬘、そして梅若万三郎さんの邯鄲楽アトです。
観世流をある程度ご存じの方ならおわかりいただけると思うのですが、これだけの方々の仕舞を続けて拝見できるだけで、滅多にない経験と思います。しかも皆さん短時間の仕舞できちんとご自分なりの世界を作っておられて見応えあるものでした。

藤波重和さんの独吟、実方も味わいのある一番で、いつぞやの六郎さんの復曲能を思い出したところです。

そして最後に船弁慶、宗家清和さんとご子息三郎太クンによる舞囃子です。三郎太クン堂々とした舞台でした。このところ観世会にも出演が多くなっているようですが、幼いなりにいずれ観世流を背負う立場を自覚してということか、しっかりした舞台でした。
いろいろと複雑な事情があったやには耳にしていますが、まあご先代の時もいろいろと話があったりしたもののそれはそれ、将来を楽しみに拝見していきたいと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/947-863d2da7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。