FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鉄輪 山本順之(銕仙会定期公演)

観世流 宝生能楽堂 2006.6.9
 シテ 山本順之、ワキ 森常好
  ワキツレ 舘田善博、アイ 深田博治
   大鼓 安福光雄、小鼓 亀井俊一
   太鼓 観世元伯、笛 寺井宏明



鉄輪はあまり品位の高い能ではないので、物凄まじく演じられれば良いということかもしれませんが、山本さんシテは単に凄まじいというよりも、もう少し悲しい、特に後シテが悲しい雰囲気を持っていたような感じがしました。



狂言口開ということで、まずアイ貴船神社の社人が登場し、丑の刻参りをする女人に「願いが叶う」と告げよとの霊夢を見たと語ります。
この言葉を受けてシテの登場。シテは笠をかぶって面を見せませんが、これは着セリフのところで笠を取り、ここで泥眼の面を見せる演出を際だたせているのかもしれません。



前シテは泥眼。これは面の白目に当たる部分と歯に金泥が施されていて、見た目に異様な感じを受けます。
残念ながらワキ正からだと、この面の肝心の眼の辺りが良く見えません。そんなわけで笠をとったときのインパクトはありませんでしたが、なんとも言えない妖しい雰囲気が感じられます。



シテの女は鬘桶に座り、神社に参詣の様子となりますが、ここでアイがシテに呼び掛け「身には赤き衣を着・・・」と夢のお告げを語ります。
お告は、さらに鉄輪を頭に載せ三つの足に蝋燭を灯し、怒る心を持てば願いが叶うと続きますが、女は「人違いでは」と返します。



しかしそう言ううちにも顔色が変わり・・・ということで地謡の力の入った謡となって中入りになります。この謡「美女の容と見えつる緑の髪は空さまに」あたりまでは、ねっとりと絡みつくような謡。「立つや黒雲の」と運びが早くなります。
もう少しテンポを上げてシテが走り込むか、と思っていたのですが、謡のうちは抑えめ。中入りも橋掛りまでは、まだ気が急きつつもしっかりと、橋掛りのうちに徐々に歩を早めた感じでした。
つづきは明日に・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/95-b1bef755

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-05 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad