FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

柏崎さらにつづき

中入り後は子方とワキツレの登場になります。ワキツレとはいっても、後場はワキツレ善光寺の僧が実質的にワキの役目を果たす感じです。
囃子なく登場した二人ですが、子方は正中に進み、ワキツレが常座で名乗ります。
どこからかやってきた者と師弟の契約をし、毎日如来堂に伴っていると述べ、「まずこう渡り候へ」と子方を促して地謡座前に下居し、子方はワキ座で下居します。

一声の囃子になり、縫箔を腰巻にし薄い浅葱の水衣、肩に笹を担ったシテが登場してきます。一ノ松で立ち止まり「これなる童どもは何を笑うぞ」と詞が続きます。
「忘れ形見と思ふべき」と語った後、一セイ「子の行方をも白糸の」と謡いつつ、笹を肩から下ろして右手に持ち舞台へと進みます。地謡の「乱れ心や狂ふらん」と常座で足拍子を踏んでカケリになります。まさに狂乱の態です。

カケリでは、常座からまず角に出て角取り。ワキ座へ回ってさらに大小前に向かい、正面を向いて足拍子。正中へノリ込んで足拍子を踏み、開いて笹を肩に、再度角に出てから常座へ戻って小回りして開くという、言ってみれば舞台を一周半ほどする程度の所作。狂女物のカケリは基本的に共通の形ですが、この短い中に、狂乱の思いが象徴されます。

カケリを終えたシテはサシを謡い、続く地謡の下歌の終わりで三足ほど出、上歌は謡に合わせて舞う形になります。この上歌の部分は仕舞でも舞われますが、越後から善光寺へ向かう道筋を辿る謡で、「西に向かへば善光寺、生身の弥陀如来、我が狂乱はさて措きぬ、死して分かれし夫を導きおわしませ」と六拍子を踏んで正先へ下居し、笹を置いて合掌します。

このつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/953-66a0463f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。