FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

柏崎さらにさらにつづき

シテは笹を置いて合掌し、善光寺内陣で阿弥陀如来を拝している形です。これにワキツレが直ぐに立って声をかけ、急いで出るようにと諭しますが、シテはこの言葉に立ち上がり、「極重悪人無他方便、唯称弥陀得生極楽とこそ見えたれ」と語ります。
この言葉、おそらくは源信の往生要集の一節から持ってきたのだと思うのですが、さすがにこれにはワキツレの善光寺の僧も驚き、そのような言葉をいったい誰が教えたのかと問い質します。

シテは、教えは阿弥陀如来のご誓願であり、この善光寺の如来堂内陣こそ極楽であるのに、女人が参るなとは如来の仰せかと僧に言いつのり、南無阿弥陀仏と合掌します。さらに地謡に合わせて拍子を踏み、舞台を回って、この寺で夜念仏をしようと正中で座し、持った笹で二度ほど舞台を突いて捨てます。

後見がシテに衣を渡し、シテは「この烏帽子直垂は、別れし夫の形見なれども」と両手で衣を持ってワキツレに見せます。そして「祈らばやと思ひ候」で物着となります。
物着は正中に座したまま、物着アシライで長絹と立烏帽子を着ける形。
下掛りの本を見ると、この物着の前に子方が、よくよく物狂いを見れば我が母であると謡うように書かれています。喜多流と、金春流の本で確認しましたが、確かにこの謡があった方が話の流れとしてはわかりやすい感じになりますね。

物着の後はシテの謡。この直垂の主は弓矢、連歌など何事にも明るかったと夫自慢。酒盛りの際にも舞を見せた、と自らも謡に合わせて扇を出して「鳴るは瀧の水」と立ち上がります。クリ、サシから長い二段クセに展開していきます。この長いクセはもともと独立した謡物「善光寺の曲舞」だったと言われていますが見せ所ですね。最後は「南無帰命弥陀尊願を叶へ給へや」と合掌して終わります。
これに合わせてワキツレが立って子方を立ち上がらせます。

ロンギとなって、花若と再会が果たされ、シテは子方を橋掛りの方へ促して留。
武田さんらしい、深い思いを込めた終曲でした。
(93分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/954-3ad390b4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。