FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

呉服さらにつづき

ワキの問いかけに、シテは、応神天皇の御宇に御衣を織った、呉織、漢織という二人の者で、今また目出度い御代となったので現れ出たのだと語ります。
この「呉織、漢織」を観世流は「くれはとり、あやはとり」と清音で読みますが、同じ上掛リでも宝生流は「くれはどり、あやはどり」と濁音で謡います。私の調べた限りでは金剛流も濁音で謡うようですが、一方で金春流は観世流と同様に清音のようです。喜多流は現行曲としていません。普通、四流では上掛リと下掛リで分かれるか、そうでないときは観世・金剛と宝生・金春がそれぞれ割と似た形になるように思うのですが、この組み合わせは珍しいのではないかと思っています。

シテ、ツレの二人はこのくれはどり、あやはどりの名の謂われなどを掛け合いで謡いますが、小倉さんの格のある謡と高橋さんのサラッとした謡の対比が興をそそります。
この掛け合いの最後を地謡が受け、この謡のうちにツレは笛座前に、ワキはワキ座に着座し、シテは正先に出てワキに向いた後に常座に移ってワキを見る形になります。

さらにシテは大小前に進んで地のクリを聞く形。サシからクセへと続いていきますが、それにつけても宝生流の地謡というのは揃っているというか、メンバーがどう変わってもあまり違わない感じがするのは不思議なところで、流儀としての芸が徹底されているということなのでしょうか。

地のクリの途中でシテは正中に下居し、クセは居グセになります。とは言え、脇能だからということなのかもしれませんが、クセの謡は割とノリが良く長文でもないので聞いていて飽きません。じっと座ったシテも、気力が充実している感じで良い雰囲気です。

ロンギになり、地謡の「丑三つの時過ぎ」とシテはワキの方を向き「さらばと言ひて呉織」で立ち上がって正中から常座へ向かい、「夜長と待ち給へ」で振り返ります。これを受けてツレも立ち上がり、二人は送り笛で中入りしていきます。
このつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/958-f10b488a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。