FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

呉服さらにさらにつづき

シテ、ツレが中入りすると、ワキがワキツレを呼び「ところの者を呼び出だいて」と命じます。これにこたえてワキツレがアイを呼び出し、出てきたアイが正中に座してワキと向かい合うことになります。

アイは神功皇后の三韓征伐から説き起こし、呉織、漢織は呉の人で人皇十六代応神天皇の御代、応神天皇三十七年に呉の国から織姫がやってきて、初めて山鳩色の御衣を織った。それは上代のことであるが、今日また目出度き御代なので、姿を現したのであろうと語ります。

アイが語りを終えて狂言座に下がると待謡。ワキとワキツレは立ち上がって向き合い、謡った後にワキはワキ座に着座し、太鼓が入って出端の囃子になります。

後シテは呉服の神ということで、緋の大口に紫の長絹、天冠を着けた天女の姿で登場してきます。囃子に乗って常座まで進み、まずサシを謡いますが、前場よりも声の調子が高くなって神の来臨を思わせます。
続く謡に常座から目付、地ノ頭から正中と回り、地謡との掛け合いから地謡の「げに織姫の翳しの袖」と答拝して中ノ舞になります。

脇能の中ノ舞なので割とノリが良く、「想いを込める」といったところがないせいか、流れるような雰囲気で、軽やかに神が舞い遊ぶといった雰囲気です。
中ノ舞を舞上げると、さらに大ノリの地謡の謡に乗って、大左右からサシ開いてワキに向かい、常座に回って左袖を返しユウケン。「宝の綾を織り立て」と招き扇し、目付へ出てから常座にと戻り、羽根扇して正先へ。さらに目付から常座に戻って「御調物供ふる」と小回りし、開いて留拍子を踏みました。
なかなか面白い一曲でした。
(84分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/959-e1acd8db

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。