FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大仏供養 東川尚史(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2008.10.18
 シテ 東川尚史、子方 植島幹登、母 佐野玄宜
  立衆 藪克徳 内藤飛能 金森晋 金野泰大
  ワキ 館田善博、アイ 高野和憲
   大鼓 柿原光博、小鼓 住駒俊介
   笛 藤田太郎

若手中心の曲が多い五雲会ですが、この曲は特に昨年四月初シテをされた東川尚史さんがシテということで、ツレも同年代の方が勤められ、囃子方もお若い皆さん。生きの良い舞台となりました。

この大仏供養って、観世流だと初心者用五番綴謡本の上巻に、鶴亀、橋弁慶、吉野天人そして土蜘蛛とともに収録されていて、謡曲の稽古をされた方にはおなじみの一番だろうと思うのですが、能として演じられるのはそれほどポピュラーではないように思います。
久しぶりに、大橋さんの観世流上演回数の統計を拝見したところ、大瓶猩々とならんで148位になっていました。鸚鵡小町の一つ上・・・確かにそんな感じです。

舞台は出し置きでツレの母が登場してきます。無紅唐織、まあ母ですから当然の衣装なんですが、それにしてもここまで色のない感じの装束も珍しいかと思ったくらい地味な印象です。ワキ座に座してシテの出を待つ形になります。

ヒシギから次第の囃子でシテが登場します。白大口を着け、段熨斗目に掛け素袍、笠を被ってなんとなく世を忍ぶ雰囲気です。形通り次第を謡い笠を外して詞になります。いやあお若いなあ。地謡などでも何度かお見かけしていますが、直面のシテだと若さが強調されるような感じがします。

このシテは平家の侍、悪七兵衛景清。西国で敗れ、宿願あって京に上ってきています。頼朝の南大仏供養の話を聞き、若草辺に母も居るので貴賤に紛れて会いに行こうと思う趣旨を述べます。
語り終えると再び笠を被ってサシ謡。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/962-f2d77df8

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。