FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

喜多流職分会自主公演能を観に行く

喜多の職分会自主公演は昨年の7月以来です。
今回は諸般の事情もあって早くから並ぶのも難しいかなと思い、指定席券を取っていきましたので時間ぎりぎりでも安心でしたが、見所は満席でした。

佐々木多門さんの浮舟、井上真也さんの玉之段、若手お二人の仕舞に始まり、能は梅津忠弘さんのシテで松虫。萬さん、万蔵さんの狂言で酢薑。休憩を挟んで、粟谷充雄さんの龍田。
さらに休憩があって、谷大作さんの融の仕舞、そして最後は香川靖嗣さんのシテで綾鼓という番組でした。

盛り沢山ですが、最後まで飽きずに拝見しました。中でも最後の綾鼓、いずれ鑑賞記には書きたいと思いますが、喜多流の綾鼓は昭和になってから改作されただけあって古典を基礎に置きながらよく練られた構成となっています。シテ香川さんの力量も加わり大変深い能となりました。
予想外のハプニングもいくつかありましたが、附祝言の高砂を聞きながら今日は収穫あったなと振り返った次第です。

ところで、様々な会でお見かけする若い女性の方を本日も見かけました。お友達といらっしゃっているようですが、数年前の金剛宗家の会でご一緒した際に、たまたま列に並んだ順でちょっとお話ししたことがあります。その後、国立能楽堂の会はもちろん、観世能楽堂でも関根さんの会などでお見かけしましたし、宝生能楽堂でもお見かけします。
私も割と流儀に関わりなく観ている方だとは思うのですが、本当に幅広く観ておられるようです。今日の会の印象はどうだったのでしょうね。

予定通りの五時終演でしたので、帰りも余裕を持って帰ってきました。
さて三連休もあと一日。明日は天気もさえないようなので、家でのんびりしてみますかね
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/969-444d9c9e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。