FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大会 小林晋也(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2008.10.18
 シテ 小林晋也、ツレ 當山淳司
  ワキ 安田登、アイ 竹山悠樹
   大鼓 内田輝幸、小鼓 森澤勇司
   太鼓 大川典良、笛 寺井宏明

大会・・・タイカイではなくダイエと読みます。この話、十訓抄第一「人に恵を施すこと」に古鳶を助けた僧の話があり、ほとんどそのままが能になっています。最後は十訓抄のオチの方がなんだかペーソスがあって良い感じなのですが、それはさておき・・・

舞台はまずワキの登場となります。
安田さんのワキは一年ぶりに拝見します。昨年、一昨年あたりは年に三、四番拝見していたのですが、最近ちょっとお見かけしておりませんでした。

ワキは囃子無しで登場し、静かに橋掛りを進んでワキ座で床几にかかると、直ぐにサシを謡い出します。角帽子を沙門着けにし常よりもちょっと偉そうな感じの僧。安田さんが堂々たる体躯ですから、余計そう感じるのかもしれません。
「一代の教法は、五時八教をけづり、教内教外を分かれたり。五時と云っぱ華厳阿含方等般若法華・・・」となんだか難しい内容を謡います。

ワキの謡を受けて地謡になりますが、直ぐに幕が上がってシテの出となります。
シテは直面に兜巾をつけ、白大口に水衣、篠懸をかけた山伏姿。地謡が霊鷲山の有り難さを謡ううちに橋掛りを進み、「げに類なき深山かな」という上歌の終わりいっぱいに、常座まで出てきます。
常座でシテはサシを謡い、この庵室の内へ案内申し候と案内を乞います。

これにワキが重々しく答えますが、いかなる者かとワキに問われたシテは、このあたりに住居する客僧だが、あなたに命を助けられたので礼を言いに来たと語ります。ワキは思いも寄らぬことを言うものだと驚きますが、シテは重ねて都東北院の辺りのことなので、覚えておられるだろう。その報恩に、望むことがあれば直ぐに叶えようと言います。

このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/970-5140c6ca

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。