FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大会さらにつづき

後シテは赤の半切に袷狩衣のきらびやかな装束。大会頭巾という、沙門帽子を一回り大きくしたような頭巾を被って掛絡をかけています。左手には教典を持ち、重みのある登場です。釈尊の霊鷲山説法を見せるということで、天狗が釈迦の姿になって現れてきたという設定。

頭巾に包まれた面は大べし見ですが、喜多流などでは釈迦という仏像のような面を掛けて出るようです。残念ながら喜多流の大会は機会なくて観たことがないのですが、実はこの釈迦の面の下には大べし見の面を重ねています。

甲子夜話に、将軍家宣の時に喜多七太夫が大会を舞うよう命ぜられて大べし見と釈迦の面を賜ったという話が出ているようですが、このあたりが起こりなのかもしれません。もともとは単に面を重ねたのでしょうけれども、そのうち工夫する人がいて、大べし見にぴったり合うように仏面を作ったようで、現在はこの形のもの、つまり目の位置もきちんと合う様になっているものを用いるそうです。大べし見ではなく、釈迦の面に合わせて作られた面なので釈迦下と呼ぶのだという話も聞いたことがあります。

面を重ねるという意味では、現在七面も面を重ねて出ますが、こちらは小面に般若を重ねて登場します。このブログでも、昨年観世芳伸さんが舞われた際の鑑賞記を書いていますが、こちらは目の位置も合わないので、シテはほとんど見えないままに舞うことになるようです。

さて話は戻って、後シテは立派な頭巾にきらびやかな装束で堂々と橋掛りを進み一ノ松で謡い出しますが、今回は宝生流ですので面は大べし見。最初から、釈迦の出現というには怪しさいっぱいです。
地謡とシテの掛け合いで、霊鷲山に仏が現れた様が謡われ、地謡の「釈迦如来獅子の座に」でシテは一ノ松から橋掛りを歩み始めて舞台に入り、一畳台に寄って「砂の上には竜神八部」で台に乗って床几にかかります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/972-d5af5aac

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。