FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

三井寺さらにつづき

ワキはアイに、千満のなぐさみに舞うように命じ、アイは小舞「いたいけしたるもの」を舞いますが、その後、女物狂いを呼び入れようとワキツレに相談します。
しかし聞き入れてもらえないので、独断で呼び入れることにして、その旨を一人語りで告げて笛座前に着座、シテの出を待つ形になります。

一声の囃子で、後シテが笹を持って登場し、一ノ松で滋賀の山から琵琶湖へと進む道をさらさらと流れるように謡い、比叡山を拝んだ後に我が子への思いから物狂いとなっている身を嘆き、一セイ「子の行方をも白糸の 地謡「乱心や狂ふらん で笹を前に出しするすると舞台に入ってカケリになります。
カケリは例によって舞台を一周半する程度の所作ですが、途中で笹を肩に担い狂乱の態を表します。

シテが「都の秋を捨てゝ行かば」と謡い、地謡が道行のような形で志賀辛崎から三井寺へと着いたことを謡い、シテはこれに合わせて舞台を廻り最後はゆっくりと常座に立ちます。

するとワキの謡「桂は実る三五の暮、名高き月にあこがれて、庭の木陰に休らへば」これにシテが続けて「三五夜中の新月の色、二千里の外の故人の心」と白楽天の詩をひきつつ中秋の名月を謡い、地謡がこれを受けて湖の情景を謡い、シテはその謡に湖畔の風景を眺める風情で舞台を回って橋掛りに入り、一ノ松に立ちます。

オモアイの能力が正中へ出て、じゃんもーんもーんもんと鐘の音を口で言いつつ鐘をつく所作をします。シテは舞台に入り笹で能力を打つと、アイは「蜂が刺いた」と言って飛び退きます。百万のアイも同じように笹で打たれて大騒ぎをしますね。

シテは自分も鐘を撞こうと言い、アイは人には撞かせぬものと言ってこれを留めようとします。しかしシテは人が撞かぬものならばどうして能力は撞くのだと言い、能力は『鐘撞く法師』などと答えて笛座に下がり、シテは「面白の鐘の音やな」と謡い出します。
このアイが鐘を撞いた後のシテとのやりとりは観世流にはありません。アイが鐘を撞いた後、シテは「面白の鐘の音やな」と謡い出す訳です。
さてこのつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/982-a223d271

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。