FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

三井寺さらにさらにつづき

さてシテは「面白の鐘の音やな」の謡と続く詞で、三井寺の鐘は龍宮から持ち帰られたものというからには、龍女が成仏する縁にちなんで女が鐘を撞くのも当然だと述べ、続く地次第「影はさながら霜夜にて」の後、笹を後見に渡して扇を持ち、作り物に近づきます。この「龍女が成仏の縁に任せて」の謡、とりわけ龍女のところは不思議な節付けになっていまして、どういう音程で謡っておられるのか、これは難しい謡です。

アイはこれを見てワキに告げて退場し、ワキが立ってシテを制止し、シテは常座へと退く形。

狂人の身で鐘を撞くことはならないととどめられたシテは、故事を引き鐘を撞く許しを乞います。そして鐘之段、地謡との掛け合いで鐘の功徳を謡いつつ撞木のひもを引いて鐘を撞く所作を見せ、大小前に着座します。

地謡のクリから、サシ、クセとなり、鐘にまつわる詩や歌がいくつも引かれて、シテがワキにこれを語るような展開になっています。
クセの上げ端「月落ち鳥鳴いて」からシテは立ち上がり、謡に合わせて舞う形。

クセが終わると子方がワキに物狂いの女の国里を問うて欲しいと頼みます。ワキは思いも寄らぬ申し出とは思いますが、シテに尋ねることにします。
さてワキの問いにシテは駿河の国清見が関の者と答え、子とシテとの問答から、子方が行方知れずとなった千満であることが明らかになります。

シテは「親子に逢ふは」と謡って立ち、鐘を見、招き扇して子方に近づいて肩へ手を掛けてシオリ。キリで親子が故郷に帰って富貴の家となったことが謡われて、シテは子方を送り出し、常座で留拍子を踏んで終曲となりました。
子方を送り出すシテの姿、なかなかに趣き深く、雰囲気の良い一番でした。
(94分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/983-f9ed7ad7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。