FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

松虫さらにつづき

たしか観世などでは、このシテに合わせてツレ一同も立ち上がり「阿倍野の方に帰りけり」で退場してしまったと思うのですが、ここではツレは動かず、この謡で橋掛りを進んでいたシテは、二ノ松で立ち止まって正を向き、ロンギになります。

地謡とシテの掛け合いで、名残を暫しとめ給えとの呼び掛けに、シテは松虫の鳴くのも我を待つ声かと謡い、舞台に戻って大小前に下居して合掌し「しのぶぞよ松虫の音に」で再び立って常座で小回り、あらためて中入となります。ツレはここで立ち上がり、シテに従って退場します。一度、中入しかかったシテが舞台に戻り、さらにもう一度中入をし直すという形は、おそらく松虫くらいでしょうか。

それはともかく、中入の後はアイの阿倍野の里人が登場し、型の如くワキを見つけ、ワキの問いに対して、松虫の音に惹かれて命を失った男と、その友の話を繰り返します。
さらにワキに重ねての弔いを勧めて退場し、ワキの待謡となります。

後シテは怪士の面に法被、半切の姿で武将のような形です。亡霊とはいえ、この曲の主題から考えるとどうしてこういう形で出るのか、ちょっと疑問なのですが、やはりそう思う人もいるようで、若男や童子、十六などの面を用いることもあるようですし、法被の上に水衣を重ねることもあるようです。

シテは常座に立ってワキの弔いに感謝をしますが、ワキとシテの掛け合いとなり、シテは忘れ得ぬ友ぞ懐かしいと謡います。

シテが大小前に進んでクリ・・・喜多流なので序ですが、さらにサシを謡い、クセになります。クセは舞グセで、曲舞の基本的な形をなぞっています。
クセを舞上げたシテは「盃の雪を廻らす花のそで」と謡って黄鐘早舞になります。

舞上げるとワカを謡い、ノリ地に合わせて舞ったシテは、「招く尾花のほのかに見えし」と招き扇し、常座で袖を返して留拍子を踏みました。
(78分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/989-7bd7ca8b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。