FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

龍田 粟谷充雄(喜多流自主公演能)

喜多流 喜多六平太記念能楽堂 2008.11.23
 シテ 粟谷充雄
  ワキ 高井松男、アイ 山下浩一郎
   大鼓 亀井実、小鼓 住駒匡彦
   太鼓 三島卓、笛 一噌幸弘

一昨年の十二月に、宝生の藤井雅之さん(当時は波吉雅之さん)の龍田の鑑賞記を書いていますが、今回は喜多流。お、あのときもワキは高井松男さんだった・・・
この龍田という曲。藤井さんの時の観能記に書いたように、斑鳩の里に流れる竜田川の近くに鎮座する龍田神社の縁起を能に展開しています。後場の龍田姫が神楽を舞うのが見せ所ですが、晩秋の風情ある能ですね。

なお斑鳩にある龍田神社と、三郷町にある龍田大社の関係については、波吉さんの時の鑑賞記に書きました。また龍田と竜田の使い分けですが、今回は現在の地図の表記などにもとづいて川の名は竜田、神社や祭神などその他は龍田としました。

さてまず舞台には作り物の宮が出されてきます。
宝生では引廻しを掛けた宮の作り物だけでしたが、喜多流でも同様に紫の引廻しが掛けられた宮だけが出されます。観世流では普通は一畳台の上に宮の作り物を出します。

次第の囃子でワキの旅僧、ワキツレ従僧の御厨さんと梅村さんが登場してきます。
次第で出たときの型の如く、正先で向かい合って次第を謡い、地取りでワキツレが下居すると、ワキは「六十余州に御経を納むる聖」と名乗り、南で御経を納めたので、これから河内の国へ急ぐと語り、ワキツレが立って三人で道行の謡。奈良の都を発って西大寺を過ぎ、竜田川にやって来たと謡います。

ワキは川を渡って龍田明神に参詣しようと言い、ワキ座に向かいますが、ここでシテが呼び掛けで登場してきます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/991-f8854fb0

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。