FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

十二月五雲会を観に行く

さて本日は、宝生流の公式な会としては今年最後になる、十二月の五雲会を観に行ってきました。おかげさまで大変満足して帰って参りました。

番組はいつものように能四番に狂言二番で、曲は以下の通りです。
能  和布刈  シテ 高橋亘
狂言 鬼瓦   シテ 山本則直
能  春栄   シテ 藤井雅之
能  玉葛   シテ 宝生和英
狂言 太刀奪  シテ 山本則俊
能  乱    シテ 小倉伸二郎

能、狂言ともに、それぞれ面白かったんですネ。けっこうお世辞でそう書いたりしちゃうこともありますが、今回、ホントに面白く拝見しました。
それぞれについて書き始めるときりがないので、詳細はいずれ鑑賞記に書きますが、とりあえず簡単に印象など・・・

和布刈の前場は、なんと言ってもシテ高橋亘さんの謡。前にも亘さんの声が好きだという話を書きましたが、音色的にも良い感じがします。このところ直面の曲を続けて拝見しましたが、前シテ老人がなかなかに良い感じです。後場ではワキの所作も見せ所となっていますが、面白く拝見しました。

春栄は観世流では滅多に上演されない曲で、私は初見です。宝生流では割と演じられているのが不思議ですが、これがなかなかに面白い。劇的な能って、なんだかくさい感じになってしまいそうですが、子方を登場させることで上手く昇華されている感じがします。思わずホロッとしちまいました。

玉葛。青年宗家らしい好感の持てる一曲でした。後場の舞が綺麗で、ご自分でも自信を持って舞っておられる感じを受けました。春日龍神を拝見した際にも書きましたが、面を着けられると、何倍か大きくなられる感じがします。実は来年二月の式能、第一部のチケットを入手済みでして、和英さんの翁を楽しみにしています。

そして乱。小倉伸二郎さんの舞をほとんど観たことがなかったことに本日気付きました。調べてみると、シテで拝見したのは平成17年の弓八幡だけです。ツレとか地謡などで良くお見かけするせいか、もっと観ているように錯覚していたのですが、確かにこんなすてきな舞は観た記憶がありませんね。宝生の乱はどちらかというと地味な形と思いますが、すっかり堪能させて頂きました。一度だけちょっとバランスを崩された感じだったのですが、見事に立て直して終曲まできちんと勤められました。

狂言はどちらもとても面白かったですね。いつもながら分かっているのに笑ってしまうというところです。
いずれそれぞれの鑑賞記で、もう少し詳しいところを書いてみようと思います。
実は明日も観能です・・・
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/994-f6171d73

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。