FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

綾鼓のつづき

六郎兵衛さんの吹く独特の名宣笛でワキ臣下の閑さんと、アイ従者の野村扇丞さんが登場してきます。閑さんは白大口に深緑の狩衣を着け風折烏帽子の姿。扇丞さんは狂言の長上下での登場です。

常座まで進んだワキは「筑前の国木の丸の皇居に仕え奉る臣下なり」と名乗ります。喜多の謡本では「これは木の丸殿に仕え奉る臣下にて候」と始まりますが、閑さんの詞章の方がもともとの形なんでしょうね。
続いてワキは、庭掃きの老人が女御の姿を見て恋い慕うようになったが、(女御が)これを不憫に思われて、桂の木に鼓をかけて老人に打たせその音が皇居に聞こえたならば女御の姿を見せようということになったので、老人にこのことを申しつけようと思う旨を述べます。

ワキは「いかに誰かある」と呼んで正中へ進み、アイが常座に出ます。ワキはアイに老人を呼ぶように言いつけて後見座にクツロギます。アイはこれを受けて橋掛りの入口から幕に向かって老人を呼んで狂言座へと下がります。
代わってワキが立ち上がり橋掛りへ進むと、前シテの出。小格子厚板に水衣で右手に萩箒を持っています。三光尉らしいのですがなんだか灰色のような生気を感じさせない面。
ワキが一ノ松、シテが幕前に立ち、ワキが子細を話し「急ぎ参りて鼓を仕り候へ」と言うと、シテは幕前に下居して承り、ワキの「こなたへ来たり候へ」で、二人は舞台に進みます。

ワキが地謡前に立ちシテは常座に立つと、ワキが「この鼓・・・」と示し、シテは作り物を見て「げにやゆかりも秋深き月の桂の み池のほとり 影ぞ待ちたる下枝にかかる鼓の声出でば」と謡います。このあたりの詞章も手直しされていて、宝生、金剛の詞章とは異なっています。
地謡がこれを受けて「それこそ恋の束ね緒の・・・」と次第を謡いますが、これも「後の暮ぞとたのめおく・・・」というもとの次第とは詞章が変わっています。次第の地取りでシテは箒を後見に渡し扇に持ち替えて正へ向き直り、一セイとなります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/997-b7e4413e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。