FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

綾鼓さらにさらにつづき

ワキは「いかに誰かある」とアイを呼び出し、老人に打たせた鼓は綾の鼓なのでいくら打っても鳴ることはないから思いあきらめるように老人に伝えよと命じます。これを受けてアイは目付に出てシテに語りかけます。

シテは「さては恨めし綾の鼓」と面を上げて鼓を見、地謡が「たばかられ惑はされし・・・」と受けると、がくりと肩を落とした感じを見せます。

「時の鼓のうつるもくやし」で面を上げて立ち上がると「思い知らせん」と作り物に寄り、下がっての足拍子に怒りを込め、橋掛りへと思いをつのらせつつ進みます。
「池のさざなみたちまちに底白波にぞ入りにける」と三ノ松で膝をつき入水した形を見せて、二度目の「底白波」で立ち上がって中入となりました。

大変緊張感の高い中入ですが、その後はアイが座を立ち、常座で老人が水に入って死んだことを述べ、これまでの子細をあらためて語ります。そののち、大小前に進んで笛座前に座したワキに老人の死を告げます。
これを受けたワキは、その由を申し上げようと立ち上がって正中へ進み、下居してツレに報告する形になります。

ツレは「御出であってご覧候へ」とのワキの言葉に、立ち上がって地謡前から作り物を見込む形になります。ワキは常座へと下がり、二人が作り物に向いたところから、ツレの「いかに人々聞くかさて・・・」と、これは宝生流・金剛流の本と同じ詞章を謡います。
かなり調子を高く取っていて、女御の異常な心持ちを表しているかのような謡。ちょっと苦しそうな高さです。

後シテの出に向けて緊張が高まってきますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/999-0212d8cb

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。