能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大蔵流五家狂言会のこと

昨日は、今年1月の五雲会の後、6月以降は、また観能に出かけていると書きました。
…が、実はその間、4月29日に大蔵流五家狂言会という楽しい会を観に行っています。

この会、一昨年が東京セルリアンタワー能楽堂、昨年が京都金剛能楽堂、そして第三回の今回は梅若能楽学院での公演となりました。

大蔵流五家とは大藏家、茂山千五郎家、茂山忠三郎家、善竹家、山本家の五家で、この五家の若手17人が結成した狂言会がこの会です。
あまり広くない梅若能楽学院のロビーですが、観客の出迎え、見送りにも紋付き袴姿で演者の皆さんが出ていて、なんだかアットホームな雰囲気を感じます。

17人の中では山本泰太郎さんが最年長、次が茂山千五郎さんで、最年少の茂山童司さんまで、三十代、四十代の若手の皆さんが、家を超えて共演しています。昨年の第二回までは、各家毎に舞台を勤める形…「競演」でしたが、今回は例えば最初の曲「雁礫」では、シテ大名を大藏教義さん、道通りの者を山本則孝さん、仲裁人を茂山千五郎さんが演じるといった具合です。

同じ大蔵流とはいっても家々に相当な芸風の違いがあります。その家を超えての共演ということで、どうなのかなぁと思ったのですが、これが実に面白い。まあ、大蔵流と和泉流との異流共演も先代の千作さんの頃からありますから、観たこともない試みという訳ではありませんが、このような催しも実に楽しいものです。

なんだか楽しく、のんびりと舞台に見入ってしまったため、上演された五曲とも取り立ててメモも取っていませんので、個別の鑑賞記を書くことはしませんが、番組と全体の印象など、明日、もう少し書いておこうと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

«前のページ;  | HOME |  次のページ»

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad