能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

放生川さらにさらにつづき

ワキの待謡、これは流儀によってけっこう違うようで、観世の本と宝生の本も違っています。下掛はまた異なった形で、この日はその下掛系の謡「げに今とても神の代の げに今とても神の代の 御末はあらたなりけりと 云えば虚空に夜神楽の聞こえて異香薫ずなる げにあらたなる奇特かな げにあらたなる奇特かな」が謡われました。

囃子はゆったりと出端を奏して、後シテの出。白垂に初冠、厚板に萌黄の色大口、金地の袷狩衣を着けて常座まで出て開キ「ありがたや百王守護の日の光…」と謡い出します。「武内と申す老人なり」と謡いますが、後シテ武内の神は武内宿禰、二百年以上を生き五代の天皇に仕えたとされる伝説の忠臣です。

地謡と掛け合いの謡が続き「御前(ミサキ)飛び去る鳩の嶺」でやや右を向き遠くを見やる形。さらに「月の桂の男山」と八足程出てサシ込み開キ「さやけき影は所から」の地謡に袖の露取って常座へ進み、正を向いて答拝して真ノ序ノ舞の舞出しとなります。

長寿を保った武内宿禰らしく、ゆったりと舞い扇を下ろして納め舞上げ。ロンギとなります。掛け合いで謡いつつ角に出、左へ回って大小前。地謡座の前まで行き「かたへ涼しき川水に」と謡いつつ正先へ出て、今度は右に回り正中。大小前へと下がって開キ、拍子を踏むと「日数も積もる雪の夜は」の詞章に、探るように足を踏み出し角へ。「廻雪の袖を翻し」と謡って左の袖を被き、左へ回って常座へ。
さらに正中から大小前に回り、霞扇しつつ足拍子。「言葉の花も時を得て」と、左袖、右袖と巻き上げて角に出、常座へ回って正を向いて小廻り「和歌の道こそめでたけれ」の謡に、袖直して開キ留拍子を踏んで終曲となりました。

世阿弥の作とされる一曲ですが、なんとなく捉えどころない印象で、だからこそ遠い曲なのか、遠い曲だからそういう印象だったのか…
それにつけても、ワキはなぜ鹿島の神職、筑波の何某だったのだろう。これまた気になったところでした。
(104分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

«前のページ;  | HOME |  次のページ»

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad