能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

放生川さらにさらにつづき

ワキの待謡、これは流儀によってけっこう違うようで、観世の本と宝生の本も違っています。下掛はまた異なった形で、この日はその下掛系の謡「げに今とても神の代の げに今とても神の代の 御末はあらたなりけりと 云えば虚空に夜神楽の聞こえて異香薫ずなる げにあらたなる奇特かな げにあらたなる奇特かな」が謡われました。

囃子はゆったりと出端を奏して、後シテの出。白垂に初冠、厚板に萌黄の色大口、金地の袷狩衣を着けて常座まで出て開キ「ありがたや百王守護の日の光…」と謡い出します。「武内と申す老人なり」と謡いますが、後シテ武内の神は武内宿禰、二百年以上を生き五代の天皇に仕えたとされる伝説の忠臣です。

地謡と掛け合いの謡が続き「御前(ミサキ)飛び去る鳩の嶺」でやや右を向き遠くを見やる形。さらに「月の桂の男山」と八足程出てサシ込み開キ「さやけき影は所から」の地謡に袖の露取って常座へ進み、正を向いて答拝して真ノ序ノ舞の舞出しとなります。

長寿を保った武内宿禰らしく、ゆったりと舞い扇を下ろして納め舞上げ。ロンギとなります。掛け合いで謡いつつ角に出、左へ回って大小前。地謡座の前まで行き「かたへ涼しき川水に」と謡いつつ正先へ出て、今度は右に回り正中。大小前へと下がって開キ、拍子を踏むと「日数も積もる雪の夜は」の詞章に、探るように足を踏み出し角へ。「廻雪の袖を翻し」と謡って左の袖を被き、左へ回って常座へ。
さらに正中から大小前に回り、霞扇しつつ足拍子。「言葉の花も時を得て」と、左袖、右袖と巻き上げて角に出、常座へ回って正を向いて小廻り「和歌の道こそめでたけれ」の謡に、袖直して開キ留拍子を踏んで終曲となりました。

世阿弥の作とされる一曲ですが、なんとなく捉えどころない印象で、だからこそ遠い曲なのか、遠い曲だからそういう印象だったのか…
それにつけても、ワキはなぜ鹿島の神職、筑波の何某だったのだろう。これまた気になったところでした。
(104分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

放生川さらにつづき

ワキが当社の事を物語るようにと勧め、地のクリ。シテは正中に進んで下居、肩上げを下ろします。
シテのサシ、地謡と交互に謡いクセに。クセは居グセで、石清水八幡の神徳、謂われをシテの老人がワキ鹿島の神職に語り聞かせる形です。

石清水八幡宮の社伝では、平安時代の初め貞観元年に南都大安寺の僧である行教和尚が、豊前の宇佐八幡に籠もって祈る中で、八幡神より「都近き男山の峯に移座して国家を鎮護」するとのご託宣を受け、神霊を男山に奉安したのが起源とされ、翌貞観二年、朝廷が八幡宮の社殿を造営したと伝えられています。
クセではこの縁起が「行教和尚の御法の袖に影うつる 花の都を守らんと」と謡われ、その神威によって「国富み民の竈まで 賑ふ鄙の御調船四海の波も静かなり」と、八幡神を讃えます。
シテの上げ端「利益諸衆生の御誓ひ」から、さらに地謡が続けて男山、石清水の名を織り込んで神徳を謡います。

ロンギとなり、かくも委しく語られるのは神のお告げかとの地謡に、シテは「二百余歳の春秋を」過ごしてきたと続け、自ら武内の神であると明かして、男山の山上さして上がってしまったと地謡が謡う中、杖とって立ち上がると常座に回り込み、正面を向いて二足下がり立ち上がったツレともどもに送り笛に送られて中入。ワキは座に座り直しました。

ワキがワキツレに声をかけて、ワキツレが立ち上がって所の者アイを呼び出します。呼ばれたアイが進み出ると、ワキが型通り神事の由来を語るよう求め、アイが神功皇后の三韓征伐以来の由来を語ります。さらに型通りにアイがワキに子細を尋ね、重ねて信心をなし更なる奇特を見るように勧めて退場すると、ワキの待謡となります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

放生川のつづき

ワキの一行がワキ座に着くと前シテの出。
真ノ一声で、まずはツレ男の水上さんが、段熨斗目に白大口、水衣の姿で先に立ち、後から前シテが小格子厚板に白大口、水衣を肩上げし、右手に杖、左手に白木の桶を持って登場してきます。
ツレが一ノ松まで出て振り返り、シテとともに一声、ツレが二の句と謡い、ツレが先に舞台に入って正中へ、シテは常座に進んで、シテのサシ謡と続きます。

サシから下歌と続き、八幡宮の神威を謡ってシテ、ツレは立ち位置を入れ替え、シテが正中、ツレが目付辺りに立ったところへワキが立ち上がって声をかけます。

ワキはシテの持つ桶を見咎めた様子で、八幡の神事で皆が清浄の儀式を執り行おうとしているのに、魚を持って、殺生の業をしているのはなぜかと問いかけます。
これに対してシテは、今日の神事はどの様なことと知っているのか問い返します。ワキが遠国より初めて参詣したので委しいことは知らないと返事すると、シテは「御覧候へ」と左手の桶を差し出し、生きたままの魚であることを示し、ツレが続けて、シテとともに二人で放生会の謂われを語り、謡う展開となります。

生きた魚を放つことにより神の恵みがあると二人は謡い、事の起こりを尋ねるワキに、異国退治の後、多くの敵を亡ぼした事を機縁として、放生の御願を起こされたのだと答えます。
さらにワキが川の謂われを問いかけると、シテは「御覧候へこの小川の 水の濁りも神徳の」と、角の辺りを見廻す風。ワキとの掛け合いから地の上歌。地謡の「取り入るる この鱗類を放さんと」を聞いて、ツレは笛座前に進み、ワキは着座します。
シテは「掬ぶやみづから水桶を」と正先へ出て下居、水桶を出して置き「魚は喜び鰭ふるや水を穿ちて岸蔭の」と、左手を上げ魚を逃がす形。下を見廻して立ち上がり、桶を置いたまま杖のみを持ち、常座へ進むと小さく回って「御誓ひあらたなりけり」とワキを向きます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

«前のページ;  | HOME |  次のページ»

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad